末っ子imoimoが “仕事うつ病” になった話

末っ子娘日記
Processed with MOLDIV

皆さんこんにちは!
今日は久しぶりにimoimoの
前職のお話を少ししたいなと思います。

はじめに

スポーツインストラクター時代
激務でストレスの日々、、、

気付けばimoimoはうつ病になりました。

プライベートでは何も不自由はなかったので
自分では仕事うつと呼んでいました。

仕事でみられるうつ病はどうゆうものなのか、
実際imoimoにはどのような症状がでたのか、
また元の生活への復帰までを体験談として
記事にしたいと思います。

こちらの記事はimoimoが仕事うつになった体験談です。
あくまでも参考です。
ご自身がうつ病かな ? と感じた場合は、医療機関に相談してください。

仕事でみられるうつ病”仕事うつ”とは

 

 

日常生活とは別に仕事のストレスでみられるうつ病。
転職や転勤、職場の人間関係、リストラやパワハラ、仕事での失敗など、
様々な状況や出来事がうつ病の誘因になることがあります。

 

以下は仕事でみられるうつ病の初期症状をまとめたものです。
(東邦大学医学部教授 坪井康次先生監修「患者のための最新医学 うつ病」より)

 

  • 物忘れやケアレスミスが多くなる
  • 同僚との会話を避けるようになる
  • 遅刻や欠勤、当日の休暇連絡が増える
  • 体調不良とは別にトイレ休憩などの離席が増える
  • 書類整理ができなくなって机上が散らかりはじめる
  • 電話の受け答えが緩慢になり沈黙が増える
  • 眠気が強く、日中でも朦朧としている
  • 自分を責めるような発言が増える
  • 話し方に抑揚がなくなり、極端に声が小さくなる
  • イライラして投げやりな態度を取ったり揉めごとが増える

 

上記で当てはまる数が多いほど
うつ病である可能性が高いと考えられます。

 

 

imoimoに現れた仕事うつ病の症状

実際にimoimoの「こころ」と「からだ」に
現れた症状をご紹介します。

何もやってもやる気が出ない(気力がない)

 

 

精神的(こころ)症状として一番は
仕事に対しても家事に対しても

何にもやる気が起こらない
意欲の低下
おっくう感

をすごく感じられました。

仕事でも ” よし!やるぞ!頑張るぞ ! ” とは思えず
ただ「早く時間が過ぎてほしい」しかし「このままでいいのか ? 」
という不安や焦りなど、常に心にモヤがかかっている
気がしてしょうがありませんでした。

 

 

不眠症

 

 

前職のスポーツインストラクター時代
新人だった私は、仕事が終わるのが夜中1時頃でした。

家に着いてご飯を食べてお風呂に入り
寝る頃には時計の針が3時を回っています。

また仕事へのモチベーションの低下、不安感、疲労感から
なかなか寝付けず、眠りにつくのは朝の5時ということも。

休職前、休みの日以外は毎日寝れず不眠症になりました。

 

 

過食症

うつ病になればご飯が食べれなくなる拒食症になる方が
多いそうですが、私は反対に普通のご飯は食べず、
お菓子ばっかり食べる過食症になりました。

ですので幸い体重が減ることはありませんでしたが、
食欲の低下、食事の偏りから
胃が荒れたり、謎の胃痛などに悩まされました。

 

その他にも上記症状に伴い、
疲労感や倦怠感をすごく感じるようになり、
症状がでてからよく ” うつ病 ” について調べるようになりました。

うつ病の症状チェックシート|うつ病こころとからだ
うつ病の「症状チェックシート」は、お医者さんに相談する際に、うつ病の症状を的確に伝えるためのセルフチェック・シートです。医療機関を受診する際に、現在の症状を記録して持っていくと、診察の参考になります。

 

チェック表などを用いて私は完全にうつ病だと確信し、
まずは親に相談し、心療内科を受診しました。
そしてうつ病と診断を受け、その日のうちに診断書をもらい
すぐに上司に伝えました。

 

仕事うつからの回復と復帰まで

うつ病と診断されてからまず私は休職しました!

完全に仕事から離れ、実家に戻り、
体調を戻すことに専念しました。

しかし完全に体調が回復するまでは
起きてから午前中まで横になることがほとんど。
朝から出かけたり、行動できるようになるまでは
1ヶ月ほどかかりました。

 

うつ病になる前にできるセルフケア

うつ病の初期症状を感じはじめたときにできる
セルフケアはこちら。

生活リズムを整える

まずは生活リズムを正常に戻すこと。

 

 

完全に夜型人間だった私は昼夜逆転。
不眠症など睡眠障害も出るようになり
生活リズムが乱れることによって
ストレスも倍増します。

休みの日も寝すぎたり不規則に過ごすのではなく、
平日と同じ生活リズムを保つようにしたいですね!

 

湯船に浸かる時間を増やす

 

 

一人暮らしをしていた8か月間、
お湯を貯めて湯船に浸かったのは
たった2回・・・
ほとんどシャワーで済ませてました。

湯船に浸かることで体温が上がり、
不安や恐怖心を解消することができます。

実際私も休職中は、ゆっくり湯船に浸かって
早い時間に就寝できることにとても幸せを感じていました。

 

 

散歩や軽い運動をする

 

運動することで、不安や恐怖感といった
うつ病の初期症状を抑える精神伝達物質 “セロトニン”
が分泌される
という研究結果もあります!

 

実際私も実家で犬を飼っていたので、よく散歩に
連れて行ってリフレッシュしていました。

 

身近な友達や家族に悩みを話す

 

 

実際末っ子のimoimoはその日の出来事をすべて母に話す
マシンガントークのタイプでした。

それが京都で一人暮らし、誰も身近に話せる人が
いなかったのもあり、ひとりで抱え込むことが多く、
それがうつ病の要因のひとつになったと思います。

信頼できる人に話をしてみることで、悩みの解決法が
みつかったり、話すだけで気が楽になったりと
初期症状が緩和される場合があります。

ですのでひとりで抱え込まずに、
身近な友人や家族に相談してみてくださいね!

 

まとめ

  • 仕事うつ病とは日常生活とは別に仕事のストレスでみられるうつ病
  • うつ病は精神的(こころ)・身体的(からだ)に症状があらわれる
  • うつ病かなと思ったら初期症状やチェック表で確認しましょう
  • 初期症状がみられたらセルフケアを実践しましょう
  • 何より無理をしないこと ! 心身ともに休むこと !
  • ご自身でうつ病の初期症状を感じたときは、遠慮せず医療機関の診察を受けましょう。

 

 

終わりに

もし同じく仕事で悩んでる方や同じ症状が
出ている方は、まず休んでください!

少しでも体調に変化がありましたら
まずは無理せずお休みしてください。

私は無理をしてしまうタイプでしたが、
今はあの時お休みして本当に良かったなと思います。
おかげで今はバリバリ体も心も元気に過ごしています!

最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた~!

タイトルとURLをコピーしました