#11 勉強の習慣を作ろう

自分で稼ごう
Processed with MOLDIV

こんにちは。WacKunです。前に情報収集の話をしました。そして今回は勉強について書きたいと思います。

▶︎ 社会人平均勉強時間は1日約6分

以前にも書きましたが、社会人は平均1日6分しか勉強していないとのことで、確かに電車に乗っていてもほとんどスマホを弄っていますよね。スマホでも勉強できるので、その中にももちろん勉強してる人もいますが、皆んなイヤホンしてYouTubeとか多いんでしょうね。

▶︎ たった15分でも絶対勉強した方が良い

通勤電車内を例にすると、一昔前は、サラリーマンは新聞を読んでました。スマホという暇つぶしツールがありませんでしたし、世の中のトレンドに皆んなが合わせる必要があった時代。

時代は変わり、今はどこでも仕事や勉強が本でもスマホでもできるようになりました。だから尚のこと電車での通勤時間に毎日コツコツ勉強する人と、暇つぶしをして過ごす人では、総勉強時間の差は開きまくりです。

ずっと暇つぶししかしていなかったら、ずっと0分です。このなんでもある飽和状態での競争社会から淘汰されても仕方がないのかもしれません。毎日の勉強はどう考えてもやった方が良いんです。

独学勉強は習慣化命

勉強って、続けられないというのが本音です。僕は学生時代全く勉強というものを頑張った記憶もないし、もちろん習慣もありません。まずどうやって勉強したらいいのかを調べることから始まりました。大人になってから苦労しましたし、今もなんとか自分ルールを守って勉強していってる状態です。

勉強を習慣化した方法ですが、

▶︎ 通勤電車で片道15分、毎日勉強

通勤時間が片道約15分です。まず座っていても立っていても、問題集を開き目的の駅に着くまで15分勉強することから始めました。まずそれだけ。でも行きと帰り両方できれば30分です。毎日これだけでも、人生変わってきます。

スマホアプリで勉強できますが、僕の場合は、宅建の問題集を1冊鞄に入れて毎日持ち歩いています。読み込む必要があるテキストではなく、過去問題集や一問一答問題集にしています。それを電車に乗り次第すぐに開きます。

スマホで勉強するのはとても楽なんですが、途中でLINEの通知が入ったり、ついついニュースアプリを見てしまったりで、僕はできませんでした。僕からは本をおすすめします。

そしてテキストではなく、過去問や一問一答にする理由は通勤中なので、読み込んで理解するインプットよりも、問題をその時間解いていくというアウトプットをする方が、僕の場合継続しやすかったです。

問題集は毎日持ち歩いて乗車中とかに開くわけですから、大きなサイズのものよりもコンパクトなものがより扱いやすいです。小さくて薄い本から始めてみるのもいいかもしれません。

▶︎ 毎日30分習慣化できたら徐々に勉強時間を増やす

毎日片道で15分、往復で合計30分毎日できるようになったら、プラス30分して毎日1時間を目指します。毎日1時間は、今の僕の最低限です。

あと30分だから、家で夜にやろうって思っちゃうんですけど、そうすると危ないです。1日が終わりを迎える夜って、やっぱり疲れてるんです。1番疲れていると言っていい状態でノルマを課すと、もう今日はいいや。。ってなってたぶん習慣化がストップして終わりを迎えます。

そうならないように、できれば日中やっつけてしまいます。朝早く出社して勉強とか、お昼食べた後勉強とか、仕事での移動中に勉強とか、仕事を早く終わらせてから勉強とか、なんとか隙間時間で30分勉強し、夜を迎えた時には1時間もう勉強し終わっている状態が最高です。やる気があれば、夜さらに勉強できます。

1時間毎日勉強してると、学習効果も出てくるので、1時間毎日勉強できるようになることを次のステップにしてください。

▶︎ 毎日問題集を開く自分ルール

習慣化に1番必要なことは、「毎日勉強すること」で、これが全てです。しかし、体調の悪い時や、仕事が忙しくなってりで、せっかく習慣化しても、なにかのきっかけで終わってしまうことが多々あります。

それを食い止めるために、僕は電車の移動時間は絶対勉強するという自分ルールを設けています。でもそれだけです。そして、甘々ルールとして問題集は絶対に開く、でもやる気が出なくてすぐに勉強やめてもオッケーとしています。問題集を鞄から出して開くという行為だけはどんな気分だろうがやると言うことで、電車に乗ったらスイッチが入る感覚になります。

また宅建やプログラミングの勉強に関しては別の記事でまとめたいと思います。皆さんも一緒に勉強してスキルUPしましょうね!ではまた!

タイトルとURLをコピーしました