#10 利益率が異なる3種の仕事

自分で稼ごう
Processed with MOLDIV

こんにちは!WacKunです。今回は、お客さんからの仕事の依頼について書きたいと思います。

3種類の仕事は使うスキルの価値により利益が異なる

僕たちに発生する仕事について、以前みんなでミーティングをして認識を深めました。自分の頭の中で考えていただけだったけど、たぶん間違いないと思ったのでみんなで共有しました。僕たちには利益幅の異なる3種類の仕事があります。

  • 自分にない新しいアイデアを与えてくれる提案
  • 仕事などに必要だけど、自分ではできないこと
  • 自分でできるけどめんどくさいからやってほしいこと

お客さんの立場に置き換えて言葉で書くと、こんな感じの3種類です。そして、上から順に利益が高くなります。でも、この3種類と限定しているのは、あくまで僕らの業態に関してはということなので、世間一般に当てはまるということではありません。

全部説明しますが、1番下からいった方がわかりやすいので、そうします。

▶︎ 自分でできるけど、面倒くさいからお金を払ってやってもらう仕事

これは、「代行」ですね。僕らの事業でいうと、商店街事務局運営や企画実行中の各関係者との様々な調整作業などもそうです。

世間的には、タクシーや外食、清掃、ベビーシッターなど、あらゆる代行仕事で溢れています。自分でできることなんだけど、時間もかかるし、お金を支払って代わりにやってもらうことが仕事ととしてあります。

この代わりにやる仕事ってのが1番利益低いです。発注者自身が自分でできることですから、自分でやれば0円です。それを人にやってもらうだけ。そして利益の低い理由は大体人を雇った時の時給や、自分でやれば0円だけど、代わりにやってもらうにはいくらまで出せるかなど、比較対象も多くあり、費用が高いか安いかの判断ができるからです。

自分の部屋の掃除を自らやるとしたら8時間かかるとして、それを代わりにやってもらうならいくら出せるか。アルバイトの時給は大体千円だから、8000円くらいはそら必要だなぁ。まぁそこに交通費やなんやらで1人1日1万円くらいだな。と、人それぞれ感覚があると思うので、我が社は素晴らしい人材で、アフターフォローもしっかりやるので50000円ください!といっても高いわ!って怒られるだけです。

費用が妥当か判断できるため、自ずと相場は固まってきます。でも逆にいうと仕事も取りやすいのです。お客さんがある程度判断できることなので、確定的なメリットを作ることができれば発注をもらうことが可能です。

▶︎ 必要だけど自分ではできないこと

2つ目ですが、これはデザインやWEB制作、イベント運営などです。お客さんが商売などをする上で必ず必要なことだけど、自分ではできないことです。企業が持っている「スキル」的なものです。

お客さんが必要だけどできないことですから、相場もあやふやでネットで調べても細部まではわからないため、満足のいくものであれば、ある程度の費用を用意します。作業労力についてもわかりませんから、作る側からすれば労力はほとんどかかってないのに、単価を高く設定できたり、グロスでちゃんとした利益を確保することが可能になります。

もちろんスキルの強さや、クオリティでお客さんの満足度は変わる為、提供するものは高レベルのものでなければ淘汰されます。さらに、ソフトの開発などでお客さん自身ができることがどんどん増えてきています。

▶︎ 新しいアイデアの提案

最後にこのアイデアの提案です。僕らはいつも年間販促・イベントの提案などをしていて、常に新しいアイデアを探しています。お客さんはいつでも誰もやっていない事がしたい。どこにでもある企画は通用しなくなります。毎回アイデアを発明し続けなければなりません。しかももちろんコンペとかになると、相手も必死でアイデアを考えてきます。大きい企業になると、沢山のアイデアの中から抽出することができます。それほどアイデアは宝物で、そうそう発明できるものではありません。

しかし、上の2つと違い、お客さんにとって今必ず必要なものではないのです。実施するとなるとお客さんにとっても初めての試みになるため、もちろんリスクを背負うことになり、担当の方も不安に思う時もあります。そのため、お客さんは最後の最後で「やめておく」という選択をする時があります。

成約はしづらいですが、1番利益を確保することができます。クラウドファンディングを初めて開発して、お客さんに提案した場合、お客さんは「こんなことできるん?」すごい!と、もはや制作・構築していく費用の物差しはありません。なので、こちらから提示した金額でやるかやらないか、チャレンジするかどうか。当たれば最高!そう言う話になります。

▶︎ どの仕事増やせばいいのか

今は1つ目の代わりにやる代行の仕事が多く、デザイン以外はほとんどこれです。デザイナー以外の僕も含めたスタッフのスキルがない為、労力ばかり費やし、利益が低い仕事ばかりやっています。

これからは、勉強して、学んで、実践を重ねて自分たちのスキルを強化していって、2つ目のお客さんにとって必要だけど自身ではできない仕事を増やして行こう!それを増やすことで労力に対する利益も確保できて、またそのスキルを使った仕事の幅も出てきます。

僕は宅建を取って不動産業をすることと、今後必須なプログラミングを学習していくとをみんなに伝えました。頑張るしかないです!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました