#4 前職は暗黒時代!?末っ子あるあるもあるよ

末っ子娘日記
Processed with MOLDIV
こんにちは!
ご覧いただきありがとうございます!
前回は前職のスポーツインストラクターに
就職するまでのおはなしを書きました!
今回からは
末っ子の前職時代(以下 暗黒時代)
振り返りたいなと思います。
まずは今現在思う暗黒(前職)時代を
箇条書きしてみました。
自分を取り巻く環境の変化
プライドが高い
負けず嫌い
なのに破壊的に弱いメンタル(プレッシャーに弱い><)
同期との距離(末っ子は先輩っ子)
段取りが命
寂しがり屋
オンとオフ
人間関係
仕事うつになる
でてくる!でてくる! (笑)
これぞまさに暗黒時代!
たった8ヶ月ですが思い出すだけでもたくさん出てきます・・・
どれから話せばいいのでしょうか・・(汗)
長く重くならないように少しずつ
書いていきたいなと思います。

暗黒時代 初期

私は内定をもらって入社するまでの数か月間
アルバイトとして勤務していました。
アルバイト初日、女性更衣室で初めて
会った先輩スタッフとの会話はこちら☟
先輩「あなた大卒?」
私(imoimo)「え?はい、大卒です。」
先輩「そうか、よかった。安心やわ」
私(imoimo)「・・・・」
んん???
いきなり!?いきなり何を聞かれたんだろ??(汗)
とこの時はそれだけでしたが、
これは後に意味がわかりひしひしと痛感するのでした、、、

▶ 破壊的にメンタルが弱い!しかし負けず嫌い??

入社してすぐは順調でした!
昔ダンスを習っていた私は、発表会もあり
人前に出る機会もあったので
“レッスンをたくさん持つ”ことを目標にしていました。
レッスンデビュー(合格)するには
スタッフにお客さん役をしてもらい
スタッフの前でレッスンを行うデモレッスン
いうものをしなければなりません。
しかしここで末っ子あるあるをひとつ!
怒られ慣れていない ! 少しのダメ出しも心に刺さる !!
これはもちろん三兄妹の末っ子として生きてきた
私の“オリジナルあるある”ですが、
末っ子の皆さんは少し共感していただける
部分もあるのではないでしょうか?
末っ子は小さいころから両親や兄姉を見て過ごしてきましたよね。
末っ子の頭には必然的に
“これをしたら怒られるからこうしよう”アンテナ
常に張り巡らされているのです。
怒られること、ダメ出しをされることに免疫がありませんでした。
怒られたくない、ダメ出しされたくない

完璧にやらなきゃ!
この思い込みで臨んだデモレッスン。
終了後のダメ出しタイムは優しい先輩ばかりでしたが
“ダメ出しされ慣れていない”私には
先輩一人ひとりからのダメ出し(アドバイス)が
心に刺さりまくり、泣きました><
客観的にみれば“泣くようなことか?”
と思いますが、負けず嫌いでもある私は
休みの日に出社し練習したり
仕事外で先輩のレッスンに参加したり
身を削りながらも練習を積み、
その甲斐もあっていくつものレッスンデビューをしていきました。
そんな中でも自分の本心には
誰にもできる人に見える「いい子ちゃん」でいたい
完璧主義者(何事も完璧にこなしたい)
上司に認められたい
この3つがありました。
しかしいつしか自分で自分の首を絞め
自分に追い詰められていくのです、、
今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございます!
ではまた~!
タイトルとURLをコピーしました