リモート飲み会とは?嫌なら拒否OK?上手に付き合うコツを紹介

ライフハック

外出が出来ない時期、居酒屋で飲み会が開けず寂しいですよね。

そこで登場した、自宅に居ながら飲み会ができると話題の「リモート飲み会」

「楽しい!毎日でもしたい!」という声が続出し、SNSでも「リモート飲み会したよ」報告があふれています。

私も先日、学生時代の友人5人とリモート飲み会を開きましたが、顔を合わせて話している感覚で、会話も弾み楽しい時間でした。

ですがその反面、「しんどい・拒否したい・苦痛」という声も多いんです。

新感覚の飲み会が誕生したと同時に、新たな悩みも生み出されているようです。

そこで今回は、

  • リモート飲み会とは?
  • リモート飲み会のメリットとデメリット
  • 拒否したい時の対処法
  • リモート飲み会の楽しみ方

をご紹介します。

リモート飲み会と上手く付き合う術を身に付けましょう!

 

リモート飲み会とは?

リモート飲み会とは、パソコン・スマホ・タブレットなどを使い、インターネットを通じて行うビデオ電話です。

自宅に居ながら、複数の人とリアルタイムで会話ができます。

リモート飲み会によく利用されているサービスは、

  • LINE
  • Zoom
  • インスタグラム
  • スカイプ
  • Googleハングアウト

などがあり、2020年には「たくのむ」という飲み会に特化したビデオチャットサービスが開始されました。

サービスによって時間制限・人数制限が設けられていたり、事前にグループ作成が必要な場合があります。

無料のサービスが多く、誰でも手軽にリモート飲み会を楽しむことができます。

 

リモート飲み会のメリット・デメリット

リモート飲み会を開くと、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

リモート飲み会のメリット

まずはメリットをご紹介します。

①全員の顔を見ながら話せる

ビデオチャットのサービスを使うと、画面に参加者の顔が分割で映し出されます。

同じ場所に集まって飲み会をしている感が予想以上に出ます!

「あの子髪切ったんだ」とか「部屋はこんな感じなんだ」とか、「あ、今旦那さん後ろ通った」とか(笑)

近況がひと目で見てわかるし、直接聞けるし、ワイワイできてやっぱり楽しいです!

友人とリモート飲み会を行った時は、集まって飲んでいた雰囲気が一気によみがえりました。

②終電・お店の閉店時間を気にしなくてもいい

飲み会が盛り上がっていても、終電時間やお店の閉店時間が近づくとソワソワしますよね。

リモート飲み会であれば、自宅に居るので帰りの時間を気にしなくてもいいんです!

眠くなったらそのまま寝れるし、楽ちんです。

③好きなご飯・おつまみを食べられる

リモート飲み会では、お酒と共に食べる料理やおつまみは自分次第

居酒屋メニューもテンションが上がりますが、「私はこれ食べたいけど、みんな食べるかな」「今こんなもの頼む?って怒られないかな」など、メニューを注文するときのプレッシャーから解放されます(笑)

お酒が飲めない方もご安心を!

居酒屋ではいつも気をつかって注文しているあなたも、ジュースやノンアルコールドリンクを堂々と飲みましょう!

④お金がかからない

居酒屋やバーに行くと、どうしてもお金がかかります。

リモート飲み会なら、自分が食べたいもの・飲みたいものの金額のみ!お通し代も不要です!

飲み会代が出費の多くを占めていた友人は、「リモート飲み会をしてみると、財布のお金が減らなくなった!」とご満悦でした。

ビデオチャットもパソコンやスマホにインカメラ機能があれば、無料で十分楽しめますし、追加の機材購入も不要です。

⑤出かける準備をしなくてもいい

出かける準備って、意外と面倒ですよね。

お化粧・服選び・髪のセットなど、玄関を出るまでにすることが沢山。

他にも、割り勘用に道中でお金を崩したり、コンビニでウコンドリンクを買って飲んで行ったりと、準備が色々とあるのです(笑)

出かける準備が無いだけで、飲み会に臨むのが少し楽になります。

リモート飲み会のデメリット

続いてデメリットをみてみましょう。

①会話に時差ができる・話すタイミングがわからない

インターネット通話の為、どうしても会話に時差が出てしまいます。

また、複数人数でリモート飲み会を行っている場合は、「一人ずつ話していく」という流れになります。

話題に入るタイミングや、話すタイミングが被ってしまうことがあります。

②抜ける・終了するタイミングがわからない

終電の時間を気にしなくていいメリットがある反面、「終了するタイミングが難しい」という声が多くあがっていました。

私も、自分が抜けたい時に皆が深刻な話をしていたりして、なかなか抜けづらかったことがありました。

話の流れによっては、すぐに終了できず、ズルズルと長引いてしまうこともあるようです。

③あまり仲良くないグループとのリモート飲み会は苦痛

あまり仲が深まっていないグループで行うリモート飲み会は、苦痛に感じる原因ではないでしょうか。

普段は一緒に行動しない学校のクラスの友達・SNS上で最近知り合ったママ友・会社の同僚や上司など。

少し緊張して参加しなければいけない飲み会は、苦痛に感じてしまいますよね。

④部屋の掃除が面倒

「リモート飲み会は部屋が映るから掃除しなければ!」と、慌てて掃除・もしくは物を部屋の隅に追いやったのは私だけではないはず(笑)

部屋を整えてから参加するという手間が、億劫に感じます。

 

拒否したい時の対処法

「リモート飲み会に誘われたいけど拒否したい。」

Twitterではこんな声があがっています。

そもそも電話やビデオ電話が苦手な人には辛いですよね。

「素人が会話を回す様子がいたたまれなくて見ていられない」という手厳しい声も。

会社のリモート飲み会では、休みなのに仕事の気分が抜けないという嘆きがありました。

ここでは、リモート飲み会に参加したくない時の、「対処法・断り方」をご紹介します。

 

リモート飲み会の断り方7選

それでは実際に、参加したくないリモート飲み会に誘われたらどのように断ればよいか。

なるべくカドが立たないような、上手な断り方をご提案します。

①通信機器の調子が悪い

  • 「インカメラの調子が悪く、ビデオチャットが出来ない」
  • 「通知機能がうまく作動しなくて、お誘いに気付けなかった」

など、使用している機械の調子が悪く、参加ができないと伝える方法です。

終わってしばらくしたタイミングで、「通知機能が故障していて今気づいた。」と伝えるのもアリです。

②Wi-Fiを繋いでいない・通信制限がかかっていると伝える

「Wi-Fiを繋いでいない為、通信制限にかかっている」と伝えてみましょう。

誰でも一度は、通信制限に苦しめられた経験があるはず。

長時間インターネットを通じてビデオチャットを行うとなると、膨大な通信量が必要です。

「画面が固まったり遅れたりして、まともに参加出来ない。」と言えば、それなら仕方ないと諦めてくれるでしょう。

③子供・旦那を理由に断る

  • 「子供の面倒を見ないといけない」
  • 「家族のご飯を作らないといけない」
  • 「旦那が帰ってくる時間」
  • 「個人の部屋がなく、リモート飲み会をする場所がない」

など、家の用事を伝えてみましょう。

子供が居る場合は何かと忙しく、休み無しの状況を理解してくれるはず。

旦那さんと二人の場合でも、「ご飯の用意」や「共通の部屋しかない」など、落ち着いて参加できない旨を伝えると良いでしょう。

④体調不良・お酒を控えていると伝える

ダイエット、または体調が悪くてお酒を控えていると伝えてみましょう。

「飲み会」を重視している場であれば、お酒が飲めないならしょうがない、と諦めてくれるでしょう。

それでも、ソフトドリンクやノンアルコールでの参加が求められそうであれば、そもそも体調が優れないと言って断るのも賢明です。

⑤「○時には抜ける」とあらかじめ伝える

「リモート飲み会がダラダラと長引くのが辛い。」

という方は、終わりを決め、抜ける時間を先に伝えておくと、退出しやすくなります。

⑥参加途中に、誰かに電話を入れてもらう

それでもどうしても断りきれなかった場合は、早めに抜ける方法を考えましょう。

親や彼氏、旦那さんにあらかじめ事情を説明し、リモート飲み会中に電話を入れてもらうようお願いしておきます。

「ごめん、電話がきたから抜けるね!」と、素早く退出ができます。

⑦はっきり正直に断る

可能であれば、これが一番楽な方法です。

  • 「ビデオ電話が苦手」
  • 「最近家事や育児で寝不足だから、時間を睡眠にあてたい」
  • 「一度やってみたけど、実際に会って話す方が楽しいからそれ以降やっていない」

など、正直に伝えてみても良いかも知れません。

「実は同じように思っていた」と共感してくれる人が居る場合も。

状況を理解してくれる人であれば、後々誘われることもなくなり、「今度はなんて言って断ろう」という悩みから解放されます。

 

リモート飲み会の楽しみ方

「せっかく参加するなら楽しみたい」「毎回同じで飽きてきた」というあなたに、リモート飲み会ならではの楽しみ方をご紹介します。

より一層、リモート飲み会が盛り上がること間違いなし!

お酒や料理にこだわってみる

居酒屋風のメニューやパーティーメニューを手作りすると、一気に雰囲気が出ます。

気になっていたお店のデリバリー、普段高くて手が出ない高めのお酒をこの機会にに食してみるのも、贅沢感があってテンションが上がります。

インテリアに凝ってみる

部屋の雰囲気作りも重要です。

手書きやパソコンで居酒屋のようなメニューを書いてみるのはいかがでしょうか。

100均の提灯をつけたり、お店で出るような食器に料理を盛りつけたり、BGMをかけてみたいと、楽しみ方は無限です。

服装などテーマを設ける

外出自粛期間などで出かけられないと、「せっかく買った服を着ていく機会がない」と嘆いている人もいるのでは?


そんな時は「最近買った服」「お気に入りの部屋着」「好きなスポーツチームのユニホームで」など、テーマを設けると新鮮で楽しめるかも知れません。

仲の良い人とだけリモート飲み会をする

これに尽きるようなきがします。

気の置けない仲間であれば、近況を知りたいですし、変な縛りやゲームが始まっても楽しめますよね。

それに、何でも言い合える仲であれば、

・「明日早いしこの時間まで」
・「子供が泣きだしたから今日は抜けるね」
・「眠いので先に寝ます」

など、都合が言いやすくリモート飲み会と楽に付き合っていけます。

 

まとめ

  • リモート飲み会とは、「PC・スマホ・タブレット」などで、オンライン上でビデオ通話をすること
  • 遠方に居ても全員の顔をみて話すことができる
  • 家で自由に過ごしながら参加できる
  • 会話のタイムラグが気になることがある
  • 仲が良くないグループとのリモート飲み会は少々苦痛
  • はっきりと「不参加・拒否表明」はアリ!

時代とともに変わる飲み会事情。

リモート飲み会も存分に楽しんでいる人から、苦痛や窮屈さを感じる人まで様々です。

「嫌だな」と感じる人は、負担にならない範囲で参加・不参加を決めていきましょう。

誘う側も、やみくもに招集するのではなく、ひと工夫してみましょう。

予定を聞いたり「自由参加」「無理しての参加はむしろ禁止!」など気遣いの一文があると、みんなが気持ちよく、リモート飲み会を行っていけるかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました